代表的な心臓病である狭心症と心筋梗塞の違いとは

心臓病でもっとも多いのは

心臓病の中でも最も多い症状として、狭心症と心筋梗塞というものがあります。心臓というのは、心筋と呼ばれる心臓の筋肉が働くことによって血液を全身に送り出しています。心臓は冠動脈と呼ばれる血管に覆われていますが、冠動脈を通じて心筋は酸素や栄養などを補給しています。しかし血圧が高いなどの異常があると、この冠動脈に血栓などができ、うまい具合に心筋に酸素や栄養が行き渡らないということが起こることがまれにあります。これが狭心症や心筋梗塞という心臓病の基本的な仕組みです。

狭心症とはどんな病気か

狭心症というのは、前述のとおり冠動脈に血栓などが詰まってしまうことによって、心臓に酸素が十分に行き渡らないことで発生します。つまり、心臓が酸欠状態に陥ってしまうということなのです。症状としては、胸のあたりに圧迫感が生じてきたり、あるいは人によっては顎や耳のあたりに痛みが出ることもあります。症状は安静にしていればおさまるものですが、悪くすると心筋梗塞にも発展してしまうこともあります。要するに、狭心症は心筋梗塞の前兆のようなものでもあるんですね。

心筋梗塞はどんな病気?

心筋梗塞は狭心症がより進んだ状態だということができます。狭心症が心臓の酸欠状態であるのに比べて、心筋梗塞は心臓にほとんど酸素が供給されなくなって、心筋の一部がほとんど壊死寸前の状態になってしまうことを言うのです。強烈な痛みや圧迫感があるのも特徴です。心筋梗塞を発症したら、一刻も早く治療を施さなければ命にもかかわってきます。手当てが早ければ早いほどに、治癒の確率も高くなってきます。現代では治療の技術も進んでいますので、発症から6時間以内であれば死亡率は10パーセント以下に抑えることも可能ですよ。

大動脈弁狭窄症は心臓から全身へ血液が出ていく大動脈弁と呼ばれる逆流防止装置がうまく機能せず、心臓の出口が狭くなる病気です。