ガンに続いて2位の死亡順位…恐ろしい心臓病

心臓病はどんな病気?

心臓は体の臓器の中でも最も大切なものであるのは周知のとおりですよね。それは絶えず動き続けて、体中に十分な血液をめぐらせる役目を持っているからです。そうして人の体は、生きていく上で必要な栄養や酸素をとりこんでいます。心臓病とはどういった病気なのでしょうか。この病気は、まず心臓に障害があるパターンです。また、心臓の筋肉である「心筋」の血管が痙攣することで詰まってしまったり狭くなるパターンです。この場合は心筋が酸素不足になる「狭心症」と言うものです。

心臓病の症状はどんなもの?

心臓病の症状は前述が原因でなる心臓発作により引き起こされます。突然起こるために対処の仕様がないと思っている人も多いかもしれませんね。しかし、前触れがないとも言い切れないのです。例えば胸が痛くなったり、圧迫されるような感じや息苦しい感じが起きた場合は気をつけましょう。心臓病は先天的なものもありますが、ストレスによっても引き起こされます。生活習慣の乱れなども原因となります。また、そういったことが原因で心臓病になり、放っておくのはとても危険です。加齢によってさらに動脈硬化が進みます。

予防、改善するためには?

心臓病を防ぐには運動不足や偏食、タバコの吸いすぎなどもよくありません。家族にそういった人がいる場合、気をつけてあげる事が大切でしょう。家族に心配をかけないように隠す様なパターンはもっての他です。大事な家族なのですからお互いの気遣いが大切です。普段から生活の改善に気をつけましょう。そして、前触れを感じるようなことがあればすぐに医者に掛かる事です。家族の場合はただちに受診を薦める事を心がけたいものですね。

大動脈瘤とは、大動脈内にある血管が何らかの理由で拡張してしまうことや、血管壁が解離してしまう疾患のことです。